ゆっせい【おかねとおしごと】

医療系大学生の学んだことや大学生の日常を記事にします!

【前澤友作の100万円お年玉企画について思うこと】夢を語ろう

 

 

こんばんは。

 

今回はテレビやニュースでも採り上げられている

前澤友作 社長」

の【総額1億円のお年玉】

という企画について

 

 

ZOZOTOWN新春セールが史上最速で100億円を突破したということで

前澤社長個人からRTとフォローで抽選100名に

100万円をプレゼントするというこの企画。

 

この企画からみえた

 

について書いていきます。

 

 

 

まずは自分が目にしたニュースやTwitterでのコメント。

マイナス
  • 売名、広告
  • 法的な問題
  • 100万円に群がるやつらが痛い
  • お金に目がくらんで飛びつくやつら
  • おかしな世の中になった
  • 慈善活動に使え
  • フォロワー回収

 

などがマイナスコメントの多くを占めている印象でした。

 

 

プラス
  • 触発されてほかの人も現金のプレゼントキャンペーンをする
  • キャンペーンで夢のかなった人がいる
  • 触発されて現金プレゼントキャンペーンをする人が出てきて
  • フォロワーの増加
  • RTの世界記録

 

プラスになったと思う出来事はこんな感じ。

 

マイナスなコメントは基本的に

  • 前澤社長やお金についてよく知らない人
  • マウントを取りたがる人

が多いのかなという印象です。

 

「慈善活動にお金を使え」

という声が多いのですが、前澤社長の災害や貧困支援に関する思いをまとめた

notoが公開されているので、読まれていない方はぜひ。

note.mu

 

日本では「慈善活動」をしてる人に対していい印象を持っていないのかなともおまいます。

実際活動はされていてもあんまり報道されないし、「売名」とかそういうこえが投げられることも多いと感じます。

 

そもそも日本では「お金を稼ぐこと」=「悪」という考えをしている人が多いです。

また、「お金は汗水たれして稼ぐもの」「お金持ちは怪しい」など、

お金に対するイメージが悪いのと、お金を稼ぐことが悪いことのように受け取られることが多いため、お金持ちの人は攻撃を受けやすいという面もあります。

 

その日本人の考え方みたいなものがマイナスなコメント欄の中では多く表れているのかなといった感じです。

 

 

 

プラスな面として自分が注目した点は「フォロワーの増加」

という点にちゅうもくします。

 なぜフォロワーの増加に注目するのか

第一にフォロワーが増えることで自分の考えをより多くの人に届けることが可能になるということです。

 

 

このツイートのような前澤社長自身の考えがより多くの人につながるという点があります。

その反面前澤社長はツイートに気を使わないといけないという面もありますが。

 

今回「Twitter」というSNSと多くのお金を使い話題性や夢を生み出したこのキャンペーン。

今後のSNSマーケティングの手本となるキャンペーンかもしれません。

「お金は使えば使うほど増える」という考えも広がると思います。

 

最後に

 

ふつうに、もし自分が大金を誰かに譲るならば、「夢」や「目標」のある人に

そのお金を譲りたいです。

きっと多くの人がそうであると考えるし、きっと前澤社長もそうであると思います。

もちろん災害や恵まれない人のためにお金を寄付するのも立派だと思います。

 

しかし今回このキャンペーンを通して

「夢を語れる人のところにお金は集まる」

というお金の流れが現実に、しっかりと多くの人に伝わったのでは?

と感じます。

前澤社長はしっかりリプを見てから当選者を決めたという見方もできますし、こんかいのこのキャンペーンをきっかけとして、お金の流れに新しい道が開けたらなと思いました。

 

 

なので皆さん一緒に

「夢を語りましょう」